治療前に知っておきたいインプラントAtoZ

インプラントの治療方法や治療期間を知ることで選択の幅が広がります。

インプラント治療方法を探る

インプラント治療は時間と手間をかけて行われます。

骨を削り、ボルトを固定して土台を作り人口歯を設置します。
こうすることにより、しっかりと人口歯が固定されるために、他の歯と同じ様にものを噛むことが可能になります。

外来で行うことができる手術ということになります。
手術になるために、インプラント治療を全ての人が行えるという訳ではなく、骨を削るために、成長期の子供は受けることができません。

また、妊婦の方や、ご年配の方など、体に負担をかけれない方は 手術を受けることができません。

実際インプラント治療を受けてるかたは、年配の方が多いのですが、なんども通院しなくてはならないなど、数回通院すれば治療が終わる訳ではないため、ある程度の体力を必要とします。

インプラントの埋め込み手術を考えている方へ治療の手順のご案内

インプラント治療とは失った自分の歯の替わりに人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製、噛み合わせを回復させる手術です。これによって歯を失った人も自分の歯と同様の噛み心地を取り戻すことが出来ます。

治療の手順ですが、
①治療をする前にはまずこの手術が適しているか診断します。

②歯の根に相当する部分にフィクスチャーと呼ばれる部品を顎の骨に埋め込みの手術を行ないます。

③3~6ヶ月骨とインプラントがしっかり結合されるまで待ちます。

④人工の歯の支台となるアバットメントと呼ばれる部品をフィクスチャーに連結します。

⑤人工歯を取り付けます。

治療後はインプラントを長持ちさせるための適切な手入れと定期的な検診に関する指導を受けます。指導に基づき手入れを行い、快適な食生活を維持して下さい。

内容を理解して受けたいインプラント

手術を必要とする大がかりな治療方法であるインプラントを受けるのであれば、患者は何も把握していないまま治療を受けるのではなくて、しっかりと手術の内容やリスク、もしくは必要な費用、治療が完成するまでの流れなどを把握した上で決定する様にしましょう。

インフォームドコンセントと呼ばれる事もあり、患者は医師からインプラントに関する詳しい事について説明を受け同意した上で手術に取り掛かる様にしている病院が多いみたいですね。

確かに、納得した上で治療を行うのであれば、後で思いもよらない結果になって、そんな話は聞いていないという事で、トラブルになるのを回避できる場合もあるでしょう。

インプラント関連