治療前に知っておきたいインプラントAtoZ

インプラントの治療方法や治療期間を知ることで選択の幅が広がります。

精密な観察に適したマイクロスコープの選び方

物体の精密観察や拡大観察に留まらな様々な活用方法で教育施設や企業の研究室などで重宝されているのが「マイクロスコープ」です。 今では国内で販売されているマイクロスコープの種類は20種類以上もあり、実際に店頭で比較してみても「どれを選んでよいのか迷ってしまう」ほどです。

失敗しないマイクロスコープの選び方としては、あらゆるオプションの機能性の高さだけで飛びつかず、購入後実際に使う時のシーンを想像して自分が有効的に活用できるのかと言う目線で選ぶことが重要です。 また精密な機器であることから万が一故障した時のサポートの充実性や、修理依頼をした際のコストの面でもあらかじめチェックが必要です。

マイクロスコープ、最新の顕微鏡

実体顕微鏡は、コンパクトな場所で観察するために使えます。子供のために、安価なものでもプレゼントすれば、草木、虫などの観察を一心不乱にするかもしれません。顕微鏡が理科好きな子供に育てるチャンスになるかもしれません。

高価で機械の本体が大きいので子供のためにプレゼントすることが難しいのは、最新の顕微鏡であるマイクロスコープです。これは、医療、開発、研究の場面で実際に使われています。診療科としては、歯科、眼科、脳神経外科などが中心ですが、高価なためニーズが比較的多い大規模な施設での所有がほとんどという現状です。

マイクロスコープ、医療の主役に?

最新技術として知られるマイクロスコープが、医療の様々な場面で活用されるようになりました。まだまだ所有する施設は限られていますが、患者数が多い大規模な病院などで導入されています。

高価なため、導入したからには多くのケースで使っていく必要があること、使用に長けた医師がいることが求められるからです。マイクロスコープは、目視して観察する実体顕微鏡と違います。

観察の対象を数百倍といった高倍率で拡大して、モニタに写した画像を見ながら処置や観察を進めます。画像を保存して、経過観察に利用したり、観察時に複数人で観察し検証することもできます。

マイクロスコープ、出会うことがあるか

自分が患者となって病院を受診していても、マイクロスコープという言葉に出会ったことがあるのはごく少数でしょう。眼科、脳神経外科、歯科で神経や血管に関わる手術や措置を受けたことがあるなら、聞いたことが一度くらいはあるかもしれません。

マイクロスコープを使うと、極々細かい部分まで鮮明に見ることができます。レンズの角度も変えられるので、見えない部分はありません。思わぬ病状が発見できることもあります。今後は、活躍する診療科が増える可能性もあります。自分が治療で出会うことがなくても、家族や知人の治療で耳にする言葉になるかもしれません。医療の知識は、持っていれば持っているだけ得になります。

マイクロスコープ、広がる医療での活用

マイクロスコープの医療での活用が、日増しに増えています。眼科、脳神経外科、歯科などの精密な治療や措置が必要とされる診療科が中心です。モニタ画面に写した映像を見ながら処置するので、熟練の技術を持つ医師が対応する必要があります。

心臓外科などでも有名な医師で、イメージトレーニングをして技術力を高める姿がテレビなどで取り上げられていますが、そのような訓練も必要でしょう。患者側も、マイクロスコープについて知っておくことが大切です。知識として知っていれば、医師から言われるままの受け身の治療になることなどありません。

マイクロスコープ関連